新たな「よりお体の自然治癒力を高める施術」をと漢方アロマと光線療法を導入します。

施術中にお体に合ったオイルの香りを嗅覚を通して脳の中枢部へ伝え

弱っている臓腑へ働きかけていきます。

皮膚にオイルのアレルギーなどが無い方はツボにも塗布しツボを刺激していきます。

香りを嗅ぐことは感情や記憶、自律神経系や内分泌系・免疫系に作用しココロとカラダの

各器官の機能に働きかけてくれます。

「光療法」とは?

現在、最先端の医学で注目されている療法の一つに「光療法」があります。

近年、光が人体に深く関与していることが次々と明らかにされ、数多くの治療に

応用されています。

光を作る光源としては、電球、蛍光灯を始めレーザー、LED、キセノンといった数々の

光源が使用され、各々の特徴と光の波長を用いて、医療現場のさまざまな治療に活躍しています。

※現在、病院で行うものは、単独の治療目的に、単独の光を使用するものが殆どです。

※カーボンアーク光線は、複合的な治療目的に、複合の光を使用します。

数々の光療法」の中で、最も歴史と実績のあるものが、カーボンアーク光線治療器です。

「アーク光線療法」の特徴

デンマークのニールズフィンゼン博士が研究開発し、 同氏が1903年ノーベル生理医学賞を

受賞致しました。

これをきっかけにカーボンアーク光線療法は世界中に広がりました。

アーク光線療法は、この原理を用いた、最新のコンピューターで制御する厚生労働省認可

の光線治療器を使用した複合光線治療法です。 

アーク光線治療器は、人工太陽を作ります。太陽光とほぼ同一の光の波長を放出し

症状、疾患、治療目的に効果的な医療用カーボンを組合わせて照射します。

人体に有害な光は 放出しません。 

脱毛等で使用する 高出力光(破壊光線)ではありません。

光エネルギーのブレンドによる目的別の光の処方ができ、誰もが安心して取り扱える

厚生労働省 認可の治療器です。